1人のセフレを作るのにかかる費用は?お金事情とコストカット術を紹介

こんにちは!管理人のヒロです。

“一度きりの人生、素敵な女性と一緒に最高の時間を楽しみたい”
マッチングアプリを使うことで、異性と出会う事が簡単になりましたよね。出会いの目的は様々で、恋活から婚活、趣味友から飲み友、そしてセフレを探している男性も多くいることでしょう。
そして、男性だけではなく女性も同様に幸せな時間を過ごしたいと望んでいます。僕がマッチングアプリで学んだ経験や攻略法で、少しでも男女が素敵な関係を持つきっかけになれば嬉しいです。

出典:https://girlschannel.net/

都合のいい時だけ女の権利を主張するんじゃない!男女平等を身をもって教えてやる!

こちら葛飾区亀有公園前派出所名言

男性が女性に奢る…という暗黙のルールのおかげでお金は減っていく。

ばすーっと!遂に6回目の登場の乾さん!

経験人数60人オーバー!バツイチの遅咲きヤリチン・乾さんの「1人のセフレを作るのにかかる費用は?お金事情とコストカット術を紹介」の記事だよ!

名前
年齢37歳
居住地鹿児島出身で現在は都内在住
職業人材系企業の営業として勤務
趣味競馬、野球観戦、ランニング
好きなもの酒とラーメンをこよなく愛する
マッチングアプリ歴マッチングアプリ歴5年
女性経験60人以上
好きな女性若い子・ロリ系が大好きで小倉優子がドストライク
20代、30代ならデブス以外なら抱ける雑食系
その他バツイチ、子持ち
元々は奥手の非モテだけど離婚を機に女遊びを始める
直近4ヶ月で10人の持ち帰りに成功した超遅咲きヤリチン
最強おすすめやれるアプリ
圧倒的No.1の会員数!マッチングアプリ「ペアーズ」はセフレ作りに最も適したやれるアプリだ!
出会い系アプリで1番信頼できる「ワクワクメール」は、H目的の女性が多い簡単にやれるアプリ!
若い女性会員が急増している、今大注目の出会い系「Jメール」!セフレが欲しい男性向けのアプリだ!
乾さんの「1人のセフレを作るのにかかる費用は?お金事情とコストカット術を紹介」スタート

セフレにかかるお金事情

「セフレが欲しいけどお金がない!」
「デート代やホテル代などセフレを維持するのにお金がかかる!」

世の中にはこのような悩みを抱えている男性もいるでしょう。お財布事情を考えるとあまりセフレ作りにお金を使いたくないよね!

そこで今回は、マッチングアプリでセフレを何人も作った僕が「セフレにかかるお金事情」と「セフレにかかるコストカット」を紹介するよ

新規セフレは約23,000円かかる

最初に、僕が1人のセフレに使っている平均的な金額をまとめてみた。

1回目2回目以降
(定期)
セフレ探し
(マッチングアプリ)
¥4,000
食事代
(1軒目)
¥9,000¥3,000
食事代
(2軒目)
¥4,000¥0
ホテル代¥6,000¥0
合計¥23,000¥3,000

大体こんな感じ。

新規のセフレを作るまでに一人当たり¥20,000以上をつぎ込んでいるけど、2回目以降に会う時はほとんどお金を使っていない

上記の表を基に、セフレにかかるお金事情について詳しく解説していくね!

新規セフレにはお金をケチらず奢る!

出典:https://www.youtube.com/

新規でセフレを作るには、1人当たり¥20,000円強のお金が必要。

「食事代の1軒目9000円、2軒目4000円て高くない!?」って思うかもしれないけど、これは自分と女性の2人分の料金。

ここで1つめのポイントだけど、セフレにしたい相手との初回のデートでは必ず奢ってあげよう!

奢った方がいい理由は以下の通り。

  • 女性からのマイナス評価が少ない
  • 奢ることで余裕のある男だと見せることができる
  • 返報性の法則を使える

余裕のないケチな男に女性は惹かれない

セフレ作りのコツは、世の中にたくさんいる潜在的にエッチしたいと思っている女性に「この人なら抱かれてもいい」と思わせること。

女性をそういうマインドにするためには、堂々として余裕がある男らしい姿を見せてあげる必要があるのだ!

出典:https://shocoturn-gamblog.com/

初回デートで割り勘にしたら、女性から「うわ、器が小さい男」とか「ケチ」と思われて、ダサく見られる可能性が高い。

奢ることで「返報性の法則」の効果が

また、男性が全額お金を出すと女性は「申し訳ない」という気持ちになって、男性からの要求を受け入れやすくなり、女性をホテルに連れ込める確率がグーンとアップするのだ!

心理学では、この効果を「返報性の法則」といわれている。

実際に、今まで僕がセフレにした全ての女性には最初のデートで全額支払ったし、逆に割り勘にしたケースだと、「この女、抱ける!」と思ってもお持ち帰りできなかった事が多々ある・・・。

出典:https://www.dokusyo-geek-ki.com/

男らしく奢って頼りになる姿を見せることは、女性を抱くうえで非常に重要なので、最初はケチらないようにしよう!

定期のセフレは3,000円あれば十分

定期(2回目以降)のセフレとは、家デートにすればホテル代もかからないから¥3,000あれば十分。食事もエッチもどちらかの家で済ませれば¥1,000でもいける

一度エッチした後に再度アポイントが取れているなら、女性もあなたに会いたいという意思がある。そうなると「奢る/奢らない」の問題ではなくなるから割り勘でも大丈夫だよ!

セフレ探しでコスパが良いのはマッチングアプリ!

僕はセフレが欲しいとき、マッチングアプリの「タップル」「with」を使って女性を探していた。2つのアプリともに、コストは月額4,000円かからないくらい。

マッチングアプリ以外でセフレを作る方法は「ナンパ」や「SNS」や「水商売の女性を口説く」など他にもあるけど、マッチングアプリは女性と簡単に出会うことができるし、どの出会いの方法よりも圧倒的にコスパがいい

出典:https://www.hatehate.jp/

以下がマッチングアプリのメリット!

  • 出会いを求めている人が多い
  • 1対1で出会えて口説きやすくお持ち帰りできる(セフレ化できる)
  • 周囲の人間関係を気にする必要がなく後腐れがない
  • 必要なコストが月額固定なので限定的

本当にセフレ作りにマッチングアプリが適しているのかどうか。初期費用、セフレにするまでのスピード感(期間)、難易度を比較してみた。

方法費用スピード感難易度
マッチングアプリ¥4,000(月額)普通
会社・友人関係¥0高い
SNS¥0高い
ナンパ¥0高い
※1 キャバクラ¥15,000~¥20,000×高い
※1 ガールズバー¥10,000~¥15,000×高い
※2 合コン¥8,000~¥12,000普通
※2 街コン¥5,000~¥8,000普通

※1 キャバクラ、ガールズバーは指名アリで2時間お店にいることを想定
※2 合コン、街コンは初回の参加費用を想定

会社や友人関係

出典:https://twitter.com/

コストが一切かからずスピード感もいいが、セフレ関係がばれたときの人間関係が大変

破局してもセフレ前の関係に元通りになることは不可能だし、既婚者だと社内の場合だと処分対象にもなり得る。

TwitterなどのSNS

コスト面やスピード感は優れているけど、SNSは競争相手が多すぎるので実際に会うまでが難しい

イケメンなら逆アプローチもあるかもしれないが、フツメンだと相手にされないだろう。

ナンパ

出典:https://nlab.itmedia.co.jp/

ナンパはかなり高度な会話テクニックが必要で、限られた男にしかできない手段だから難易度は高い

女性に声をかける度胸も大事だけど、断られ続けて暴言を吐かれてもめげないメンタルがないと難しい。

キャバクラ、ガールズバー

何度もお店に通わないとセフレにできないから、毎回お金がかかるしスピード感も遅い!

水商売の女性は男性に口説かれるのに慣れているから、ガードが非常に堅くセフレにできる難易度がそもそも高い。

合コン、街コン

1対1で会うのは最低でも2回目からになるけど、初めにかかるコストはそこまで高くなく、ナンパやキャバクラに比べると難易度も普通レベル。

ただし、セフレ作りに向いている方法ではあるものの、男1人単独で出会える方法ではなく「友人ありき」になってしまう…!

その点、マッチングアプリだと基本1人で利用して出会うサービスだし、4,000円で何人もの女性と出会えるから金額面でもお得。

以上の点から、マッチングアプリがセフレ作りに最も適しているツールということが分かるだろう!

セフレ作りで使えるコストカット!

では、セフレ作りをする上でどんなコストカットができるのかを解説していくね。

マッチングアプリは単月で契約する

マッチングアプリは複数月で契約すると単月のコストが安くなるけど、複数月で契約することをおすすめしない

マッチングしてから1週間あれば会うことができるし、そもそも3ヶ月も利用する必要がない。

出典:https://bokete.jp/

初回~2回目デートでセフレ化できるし、複数人のセフレが欲しくても1ヶ月あれば十分!

僕の実体験でいうと、マッチングアプリの有料会員の1か月間で、6人と会って3人とエッチして、そのうちの2人をセフレにしたことがある。

あと「無料会員」でもログインするだけで「いいね」のポイントを貯められるから、アプリを使わない期間も毎日ログインして「いいね」を貯めておくのも節約術の1つ。(いいねが貯まってるので、有料会員になったときに大量にアプローチができる)

1ヶ月契約で短期勝負をかけてコストを削減しよう!

リーズナブルなお店にする

出典:https://bit.ly/

勘違いしてはいけないのが、豪華なレストランで食事ができたからといって、女性はあなたとエッチしたいと思う訳ではない

むしろ、コスパが良くて美味しいお店の方が女性から喜ばれるので、価格帯が高いお店を選ぶ必要はない!

初回デートの食事は、1人当たり高くても¥4,500程度で収めよう。たくさんお酒を飲む予定なら、必ず「飲み放題プラン」があるお店を選ぶのも鉄則!

2回目以降は家デートで

出典:https://www.bloomberg.co.jp/

2回目以降に会ってエッチをする際は、そもそも外食をする必要はない!

家でネットフリックスなど映画を観ながらピザなどのデリバリーやお酒で十分成立する。

週に1度のペースで会って毎回外食した場合と、自宅で食事を済ませた場合の1か月にかかるコストを試算してみた。

※外食は一人当たり¥4,500、自宅の食事代は¥3,000と仮定
※割り勘ではなく全奢りで仮定

  • 外食:¥8,000×4週=¥32,000
  • 自宅で食事:¥3,000×4週=¥12,000

自宅で食事をすることで、大体3分の1程度のコストに収めることが可能なのだ!

出典:https://bit.ly/3xqHX9S

会ってエッチするだけだとセフレ相手も嫌になって破局するから注意しないといけないけど、食事にお金をかけすぎないようになるべく家で済ましちゃおう

ラブホテルは使わない

さっき話した「家デートで食事代を減らす」と同じことだけど、2回目以降は、自分か女性の自宅を利用することで結構なコストカットになる。

ラブホテルを利用するのはあくまで最初のエッチだけでOKなのだ!

もしラブホテルを使う場合も、宿泊ではなく休憩で利用し、中心地から少し離れた安いエリアで利用するのがおすすめ。

格安で利用できる簡易版ラブホテルといわれる「レンタルルーム」がある地域もあるから、デート先の近くにあるなら利用しよう。(ただしラブホテルがある地域なのにレンタルルームを選ぶと、女性が幻滅して最悪セフレを解消される危険もあるので注意してね!)

出典:https://memento-mori.tokyo/

東京近郊になるけど、ざっくりとしたのラブホテルやレンタルルームの料金表をまとめたので参考にどうぞ!

休憩宿泊
新宿ラブホテル5,000~10,000円8,000~16,000円
池袋ラブホテル4,000~8,000円6,000~14,000円
船橋ラブホテル3,000~6,000円6,000~9,000円
川崎ラブホテル3,000~6,000円5,500~10,000円
大宮ラブホテル3,000~7,000円6,000~10,000円
新橋 レンタルルーム3,000~4,000円4,000~5,000円

セフレ関係を維持する方法

女性と1度エッチをして関係を持ったからといってその女性をセフレにできるとは限らないし、関係を継続できるかどうかもわからない。

せっかくセフレにできても、すぐ関係が消滅してしまってはお金も時間も無駄になるから勿体ないよね…。

ではどうすればセフレ関係を長続きさせることができるのか。関係を維持するポイントを解説していくよ!

女性に優しくする

出典:https://bit.ly/3ysNka0

大前提として、女性は自分に優しくて大事にしてくれる人についていく。

特にセフレにしやすい「寂しがり屋の女性」や「メンヘラ気質の女性」は、自分を優しく扱ってくれる男性が大好き

一度エッチした後は、恋人のように頭をなでてあげたり、腕枕などをしたりしてイチャイチャするだけでも「この人は自分を大事にしてくれてる」と思ってくれる。

女性の話にちゃんと耳を傾けたり、重い荷物を持ってあげたり、ちょっとした気遣いをすることがセフレを長く継続できるポイントなのだ!

「セフレだからこそ大事にしてあげる」という意識をもって接しましょう。

女性の性欲を満たしてあげる

出典:https://bit.ly/3xs4i6Q

始めはセフレなんて求めていないのに、結果としてセフレになってしまう女性は、なんだかんだで性欲が強くてエッチをすることが好き。

ただし、自分は尻軽な女性だと認めたくないので「エッチしたい」と口にする事はない。

でも本音はものすごくエッチがしたくて欲求不満だから、相手が喜ぶように頑張ってエッチをして性欲を満たしてあげよう

ちなみに僕の経験だと、最初のお持ち帰りで複数回射精できた&イカせた女性はセフレ関係を長く継続できた!

セフレになってくれる女性は性欲が強いので、前戯も手を抜かずたくさんサービスして何度も抱いてあげることが、セフレを維持する大事なコツだ。

コツコツ連絡して会うきっかけを作る

出典:https://bit.ly/

複数回エッチしてセフレ関係になったとしても、互いに連絡がない期間が続いてしまうと、刺激が欲しい女性は新しい出会いを求めてしまう。

定期的に連絡を取ることが大事だけど、本命ではないセフレなら放置しちゃうこともあるでしょう。

ただ、一度連絡が途絶えたら、女性から連絡をくれる可能性は0だと思った方がいいので、そういう時は必ず自分から連絡をしよう。

連絡を再開するためには以下のような内容をLINEで送れば大丈夫!

  • 元気してる?
  • 生きてる?
  • 今週どこか空いてない?
  • またご飯行こうよ!

多くの女性には「原則自主性」というものがないので、男性側が引っ張ってあげないと行動しない。

裏を返せば、ちゃんと行動して連絡を取り続ける男性に対して女性はついてきてくれるし、セフレ関係も継続することができる

もし、期間が空いてしまって連絡が途絶えたら、何でもいいので声をかけてセフレ関係を継続するようにしよう。

セフレのお金事情とコストカット:まとめ

セフレを作るのにお金はたくさん必要ないけど、ある程度の初期投資はしたほうが確実にセフレを作ることができる

新規のセフレが欲しいなら、マッチングアプリの月額費用、最初の食事代やホテル代といったコストはケチらないように!

基本的にセフレにできた女性は男性の優しさや温もりを欲しがっているので、セフレ関係を維持するためのお金は最小限でOK!

重要なのは、「お金をかける、かけない」ではなく「セフレでも1人の女性として見てあげて大事にしているか」

出典:https://newstisiki.com/

恋人じゃなくても恋人のように接してあげることでセフレ関係はキープできるよ。

実は女性はセフレ関係だと思っていなくて、自分が彼女候補だと認識していることも多い

セフレは付き合ったり将来を考えたりする相手ではないかもしないけど、せめて会っている時は女性の疑似恋愛欲を満たしてあげよう!

そうすれば、セフレと長く関係を続ける事ができるでしょう

皆さんも、この記事を参考にして低予算でセフレを作って楽しんじゃってくださいね!

以上、「1人のセフレを作るのにかかる費用は?お金事情とコストカット術を紹介」でした!