マッチングアプリで童貞卒業!陰キャのアラサーが学んだ大事なこと

こんにちは!管理人のヒロです。

“一度きりの人生、素敵な女性と一緒に最高の時間を楽しみたい”
マッチングアプリを使うことで、異性と出会う事が簡単になりましたよね。出会いの目的は様々で、恋活から婚活、趣味友から飲み友、そしてセフレを探している男性も多くいることでしょう。
そして、男性だけではなく女性も同様に幸せな時間を過ごしたいと望んでいます。僕がマッチングアプリで学んだ経験や攻略法で、少しでも男女が素敵な関係を持つきっかけになれば嬉しいです。

出典:https://twitter.com/

アンタ童貞?

東京喰種トーキョーグール名言

10代で初体験を済ましちゃう人もいるけど、童貞というブランドを守り続けているアラサー男もたくさんいるのだ!

皆さん、童貞卒業したのいつですか?

クラスの人気者タイプの陽キャはかなり早そうだけど、多くの男性が20歳までには初体験を済ましているみたいです。

しかし、陰キャだったり、奥手だったり、女性と縁がなかったりすれば、25歳を超えてもまだ童貞卒業していない男も少なくありません。

そんな童貞にまつわる「マッチングアプリで童貞卒業!陰キャのアラサーが学んだ大事なこと」をご紹介します!

   
最強おすすめヤレるアプリ
圧倒的No.1の会員数!マッチングアプリ「ペアーズ」はセフレ作りに最も適したヤレるアプリだ!
出会い系アプリで1番信頼できる「ワクワクメール」は、H目的の女性が多い簡単にヤレるアプリ!
若い女性会員が急増している、今大注目の出会い系「Jメール」!セフレが欲しい男性向けのアプリだ!

陰キャで非モテ人生を送っていた童貞男

アラサー童貞卒業エピソードを語って頂くのは、大分在住の「目暮」さんです!

名前目暮
年齢32歳
居住地山口県出身で現在は大分県在住
職業某メーカーの工場勤務
マッチングアプリ歴3年、会った女性の数は80人以上
経験人数経験人数15人以上。現在セフレ1人キープ
好きな女性のタイプ巨乳好き
20歳の若い彼女orセフレを作るのが直近の目標
目暮さんのアラサーまで童貞だった実体験エピソードスタート

魔法使い寸前だった私

魔法使いとは
30歳になっても童貞のままだと"魔法が使える"ようになるとされ、魔法使いと呼ばれる…らしい。

まずは私が30歳近くまで女性とヤれなかった経緯をお話します。簡単にこれまでの人生を踏まえた自己紹介をすると…

学生時代↓↓↓

  • 陰キャ
  • コミュ障
  • ブサメン
  • 使いっぱしり

社会人になって↓↓↓

  • 高卒フリーター
  • 年収200万円の低年収
  • 田舎暮らしなのに車なし

この様に男として終わっていて、女性に相手にされる様なタイプではありませんでした。

初恋=トラウマの高校時代

高校生になると彼女が欲しくなります。同じクラスの小柄で制服を着ていても分かるくらいおっぱいの大きな女の子を好きになりました。

しかし勇気がなく、その人と会話したことすらありません。

当時、「見ているだけで女性は相手を意識する様になり、好きになってくれる」というインターネットの間違った情報を本気で信じていたこともあり、じっと彼女のことを見続けていました。

その想いを隠すことに我慢出来なくなり、彼女を誰もいないある教室へ「昼休みに来てほしい」と男友達づてで呼び出してみました。

昼休みになりその教室に彼女が来ます。
その瞬間に私は、

僕「好きです!付き合って下さい!」

と言いました。その後に彼女は

女「え?ちょっとキモいんだけど…ずっと見てくるのもやめてくれる?」

と言って去って行きました。
私はその後、ショックで暫くの間、引きこもりになってしまいました。

初デートは発言も見た目もすべて失敗

高校卒業後、大学や専門学校には進学せずに働こうと思っていましたが、不況の影響もあり私はフリーターとなってしまいました。

そんな中で、友人に女の子を紹介して貰い、食事に行くことになります。

しかし、フリーターであり、童貞であることが自分の中でネックとなり、

「俺、フリーターだし自信がなくて…モテないし…」

などとデート中に言って、せっかく食事に付き合ってくれた女の子に同情を仰ぐ様なことばかり言ってしまいました。

さらに服装も中学生から着用している様な使い古したセーターを着ていたり、髪型も無造作に伸びた寝癖みたいなスタイルだったりと、いかにも非モテオーラ全開と言う見た目でした。

また、女の子に過度に気を使い過ぎて自分でお店を決めることが出来ずに、全て女の子に決めさせており、女性が男性に求める「決断力」を持っていないことを印象付けてしまいます。

ネガティブ悪循環からの脱却

結局、それ以降その人からは連絡が来ることはありませんでした。当時の私は、何故連絡が来なくなったのか全く分からずに苦しみます。

一度だけではなくその様なことが何度もあったので、上手く行かないことへの苛立ちが湧き上がり、それを感じた次の女性も去っていくと言う悪循環でした。

街で可愛い女の子を連れて歩いている男を見るとぶん殴りたくなってしまったり、カップルに道を聞かれたりすると、嘘の道を教えてその通りに進む2人を見て心の中で

「ざまぁ!」

と思ったりする最低な人間へと進化してしまいます。

そんな日々を過ごして実に10年の日々が経ちました。ある日、たまたま行った書店である恋愛本と出会いました。

私は購入したその本を1日で読み終わり、今までの女性への接し方を反省しました。反省した後、すぐに行動に移した結果、念願だった初体験に成功します。

アラサーの童貞男が学んだ大事な2つのこと

アラサーまで童貞だった私に足りなかったものは何だったのか?
まず、その本から学び、実践したことを紹介します。

  1. 自分と一緒にいるメリットを伝える
  2. マイナスな部分は見せず自信を付ける

自分と一緒にいるメリットを伝える

恋愛は自分といることへのメリットを伝えるプレゼンテーションが必要であるということです。

例えば、商品の悪い所ばかりを伝える営業マンから物を買いませんし、いきなり「これ100万円です!買って下さい」とだけ言われても誰も買わないですよね。

しっかり商品のメリットを伝えて理解してもらうことで、購入したいと感じます。恋愛においても「自分と一緒にいるメリット」をちゃんと女性に伝えないといけません。

トークで女性を笑わせたり感心させることが出来れば、楽しい有意義な時間を過ごせることを伝えられます。

高級なお店へ連れていき、お金があることを伝えられれば、結婚しても経済的に安心出来ることを伝えられます。

出典:http://visual-matome.com/

外見に気を使っているイケメン(米津玄師のような雰囲気イケメンも含む)であれば性的な欲求を満たすこと、そしてイケメンと一緒にいることで「私はこのイケメンと釣り合う女である」という優越感を感じさせることが出来ます。

私のような非モテ男は、服装や髪型など見た目を徹底的に気を使い、雰囲気だけでもイケメンを目指すことが大切です。

マイナスな部分は見せず自信を付ける

まず私はフリーターであること、低収入なこと、童貞であることを一切言うのをやめました。

そして、次の点を心掛けるようにしました。

  • マイナスな部分を見せずに、根拠はなくても笑顔で自信満々な態度を見せる

これを気を付けることで、「困難があっても自分を守ってくれる」という安心感をメリットとして伝えられるようになります。

ファッション誌を見て努力すれば見た目は変われそうだけど、どうやって自信を付けるの?

商品に自信のない営業マンからはモノを買いたくない様に、自信のない男性は女性からすると一緒にいることに不安を感じます。

女性は弱い生き物です。自分を守ってくれる強気な男性を探しています。

私は自分に自信がない理由を考えました。笑顔なら無理にでも作れますが、自信となると無理につくるのは難しいですよね。

自信をつけるには、行動の原動力となる「自己肯定感」が必要で、いわゆる根拠のない自信であり、恋愛においては重要になります。

この自己肯定感を身に着ける方法を考えて、一つの答えにたどり着くことができました。

自己肯定感というのは周りの環境により作られるもので、もし周りがネガティブな人間であれば、それが伝染して自分もネガティブになり自己肯定感を失ってしまいます。

私はある飲食店で働いていましたが、そこは激務によるストレスで職場の仲間であるのに暴力などのパワハラや陰口が当たり前の様にあって、さらにはタチの悪いお客さんによるクレームによりメンタルを病む人が多くいました。

そこでネガティブな人間ばかりのアルバイト先を思い切って辞めて、徹底的にポジティブな人間と付き合い、自分でもポジティブなことを言い、ネガティブなことを口に出さないようにしました

そうすることで自分自身も前向きな気持ちになり、自己肯定感も高まり自信へとつながります。

マッチングアプリが童貞にお勧めの理由

恋愛本から色々なことを学び、自信も身に付いた私はマッチングアプリを始めました。

もしあなたが「一刻も早く童貞卒業したい!」と悶々としているのであれば、すぐにでもマッチングアプリに登録することをおすすめします。

多数ある出会いの方法の中で、なぜマッチングアプリなのか。
それには理由があります。

理由1.余裕のある男性になれる

マッチングアプリを使うことにより、多くの女性とやりとりすることが出来ます。

実は、これには大きなメリットがあり、多くの女性とやりとりすることで、余裕のある男性に見られるようになります

友人からの紹介だと、基本的に1人の女性とだけやり取りをすることになりますので、「この人を逃したら他はない…」という心理状態となってしまいます。

その人から、たまたまLINEの返信が遅くなったりすると、不安になって返信を催促してしまったり、ヘコヘコ媚びを売る様な文章を送ってしまったりと、女性に余裕の無さを感じさせてしまいます

多くの女性は自分より上の強い男性を得たいと考えているため、余裕のない男は自分よりも下に見えてしまい、すぐに離れてしまいます。

そこでアプリを使って多くの女性とやりとりすることで、執着を分散させることが出来ます。

「この人がいなくても他に女の子はいくらでもいる」

と思うことで、余裕が生まれます。その結果女の子に変にヘコヘコしなくなり、『余裕のある男性』という好印象なイメージを女性に持ってもらえます。

理由2.出会いの数が格段に多い

マッチングアプリの最大のメリットが、出会いの豊富さです。

毎日同じ人と顔を合わせて、変わりない日々を過ごしていても、新しい出会いなどほとんどありませんよね。

大半の方が、職場と自宅の往復だけで一日が終わるのではないでしょうか。

実際、私もそうでした。
モテ男や友達が多いタイプの男性であれば、合コンや友達を紹介してもらったり…というプラスαがあるのかもしれませんが、当然私にはありません。

童貞卒業のためには、いうまでもなく女性との出会いが必須条件です

出会わない限り、いきなり偶然出会った女性とセックスできて童貞卒業!なんてことは99%あり得ません。

その点、マッチングアプリに存在するのは出会いを求めている人ばかり。

婚活目的や恋人探し、飲み友達…など目的は違えど、皆が「新しい出会いが欲しい!」と思っています。

中には「セフレが欲しい」、「ワンナイトもアリかも」という女性が一定数いて、「マッチングアプリで処女を捨てた」という女性も実はいます。

出会いの幅が格段に広がるのは、マッチングアプリの最大のメリットと言えるでしょう。

理由3.友達がいなくても手軽にできる

マッチングアプリは、スマホさえあればいつでもどこでも女性と出会うことができちゃいます。

いちいち「誰か紹介して~」とか「合コン開催してよ~」なんて面倒なことを頼む必要もない。

極端な話、友達が1人もいない男性でもマッチングアプリさえあれば彼女もできるしセックスすることもできます

手軽さも売りで、家でも通勤中でもちょっとした時間ができたときに場所を問わずお相手探しができるのがメリットです。

且つ、月々数千円~というコスパの良さも非常に魅力的です。

理由4.他人だからリスクが少ない

恋愛経験が少ない童貞は、下手なことをして女性から引かれたり反感を買ってしまうこともあります。

もし相手の女性と職場が同じだったり、共通の知り合いがいると、関係がこじれたときに暴露されて嫌な噂が立つこともあります

雰囲気作りが下手糞、デートの段取りが悪かった、いきなり手を握ってきた、さらにはセックスできたとしても、「あいつ、童貞だったよ!」など、知られたくない情報が流されることも。

一方で、マッチングアプリで出会う女性は、言ってみれば見ず知らずの他人です。

たとえうまくいかなくても、デートでヘマをしても、童貞だとバレるような痛恨のミスをしても何の問題もありません

むしろ、経験値が上がってラッキーぐらいの勢いで、失敗を恐れずどんどん挑戦できます。

マッチングアプリで童貞卒業した実体験

童貞卒業するために実際に学んだことをお伝えしてきましたが、ここからはアラサーまで童貞だった非モテ男の私の実体験を紹介します。

このとき使用したマッチングアプリはペアーズです。

男性向け本当にやれるマッチングアプリ「ペアーズ」無料登録はこちら↓↓↓

大学2年生の巨乳娘とデート

マッチングアプリを使い始めて2人目にデートすることが出来たのが、大学2年生の女の子で、その娘が童貞卒業の相手になりました。(1人目はただのマルチ商法の勧誘でしたので割愛)

まず、第1印象が非常に大切なので雰囲気イケメンを目指して、自分の見た目にこだわります。

服はシップスなどのブランドで流行りのものを着用し、髪も美容室で三日前にカットして、香水もつけて自分史上で完璧な見た目を作りました。

その娘と駅で待ち合わせをして、出会った瞬間に思ったことが、「おっぱいデカい」でした。

出典:http://nikkanerog.com/

服の上からも分かるくらいの大きさです。私は本に書いてあった様に、出会った瞬間に背筋を伸ばし、余裕のある笑顔で彼女に近寄りました。

すると彼女も近づいて来ます。一緒に歩いていたのですが、その距離はめちゃめちゃ近く、おっぱいが少し当っていました。

恋愛心理学の本を読んでいた私は、「この距離感の近さならこの娘と今夜ヤれるかも!」と期待をしました。

お持ち帰りを正当化する言い訳を作る

1軒目はダイニングバーでお酒を飲みながら食事を楽しんだ後に、お互い音楽が好きであることを知っていたので、少しオシャレなピアノバーに行きました。

実はその時まで、バーは行ったことがなくて緊張していたのですが、それを表に出さず堂々とした態度で重い扉を開け中に入ります。

カクテルを飲みながらピアノに耳を傾けつつ、他愛のない会話をし、ときどき胸を見ているうちに終電の時刻が来ました。

これも本から学んだことですが、「女性とヤりたかったら言い訳を用意する」というのが大事です。

もしも女性がヤりたくても、軽い女と自分で思いたくないと言う自尊心があるため、ストレートに「セックスしよう」と誘っても高い確率で断られてしまうでしょう。

そこで、男性と一晩を過ごすことを正当化する言い訳を用意してあげます。今回のように夜遅くまで一緒に飲んで、終電がなくなったのが正にそうです。

「終電がなくなったから仕方なくあなたと一緒に過ごす」という言い訳が女性の中に生まれるので後の展開に期待できます。

また、終電を逃す以外にも、「酔ったから少し休みたい」など、何かしらの理由を付けることで誘いに応じやすくなるでしょう。

…というわけで終電がなくなるまで会話を続け、お互い時間を忘れる様にしました。

ホテルに誘って、ついに童貞卒業

ある程度時間が経ったところで、
「あー、もう終電ないですよ。どうしましょう?」
と彼女が言いました。

もうここまできたら1つしかありません。
「今日は一緒にホテルに泊まろうか?」
と伝えました。

恥ずかしい気持ちもあってドキドキしましたが、お酒が入って結構酔っぱらっていたので堂々と誘えました。そのおかげか、承諾してくれました。

ホテルへ向かうタクシーの中でも興奮状態で、「今日やっと童貞卒業できる…!」という想いで一杯でした。

ホテルの部屋に入るなり、彼女をソファの上に寝かせキスしながら服を脱がします。若くてみずみずしいハリ感のある大きなおっぱいでした。

「何カップあるの?」
と聞いてみると
「Eカップ」
と彼女は答えてくれます。

興奮した私はその胸を揉みまくり、無事に最後まで済ませることができました。

   
最強おすすめヤレるアプリ
圧倒的No.1の会員数!マッチングアプリ「ペアーズ」はセフレ作りに最も適したヤレるアプリだ!
出会い系アプリで1番信頼できる「ワクワクメール」は、H目的の女性が多い簡単にヤレるアプリ!
若い女性会員が急増している、今大注目の出会い系「Jメール」!セフレが欲しい男性向けのアプリだ!

アラサー男がマッチングアプリで童貞卒業した話

このとき私は童貞だったのですが、ゴムの付け方に気をつけた上で堂々としていたためかバレませんでした。童貞にはAV鑑賞はマストですね。

一戦を終えた後のピロートークの中で、彼女は別に彼氏が欲しい訳ではないとのことでした。

「それでも良いんやないん?」と私も応じて、会いたい時に会えるセフレのような関係でもいいなと思いました。

おっぱいも大きいし、また会いたいなと思っていたのですが、彼女とはそれっきり連絡が取れず…。LINEも返ってきません。

連絡が取れない理由がわかりませんのでモヤっとしましたが、こういう貴重な経験をさせてもらったと今は感謝しています。

童貞卒業した夜は最高でしたが、その後はちょっと切ない経験となりました。

童貞にお勧めアプリはペアーズ

童貞卒業するのにマッチングアプリがいかにピッタリかお伝えしてきましたが、マッチングアプリと言っても様々なアプリがあります。

どのマッチングアプリを使えばいいのか、疑問に感じたあなたにオススメしたいのは「ペアーズ」です。

ペアーズは、会員数1,000万人超えの日本最大級のマッチングアプリです。利用したことがなくても耳にしたことがある人もいるでしょう。

イケメンじゃないとマッチングできなかったり、年収や職業などハイスペックの男性じゃないと相手にされないマッチングアプリもありますが、ペアーズは万人が利用できるアプリなので、例え非モテ男でも童貞でも問題ありません

どのアプリよりも会員数が多い分、女性のタイプも様々なので、自分にぴったりの相手を見つけることができるでしょう。

男性向け本当にやれるマッチングアプリ「ペアーズ」無料登録はこちら↓↓↓

「ペアーズって本当に出会えるの?」と心配している方は、最低1か月だけの利用も可能なので是非試してみてください

自分の意識を変えることで童貞を卒業することは誰にでも出来ます。

年を取れば取るほどセックスを楽しめる年数は減るので、遊びたい男性はすぐに行動しましょう!

以上、「マッチングアプリで童貞卒業!陰キャのアラサーが学んだ大事なこと」でした!